« 枇杷 自宅果樹園 | トップページ | お花見 »

芝 『とうふ屋うかい』 お顔合わせ

芝 『とうふ屋うかい』   お顔合わせ
5月の大安吉日に、下の息子の婚約が整いました。何とか子供三人が相手を見つけて来てくれたことに、親としてホットしています。今時は自分達で相手を見つけて来て、交際の結果を双方の親に報告すると言う事で、親や第三者(仲人)の出る幕は有りません。それが悪いと言う事ではなく、むしろ自分達のこれからの生活設計に責任を持ち、社会の一員として互いに理解し愛し合い、明るい家庭を築いて欲しいと思います。 恋愛で結ばれた二人ですから、仲介役も無くかえって面倒な格式や引きたりも無く、結納を簡略して本人と両親でのお食事会(お顔合わせ)と言うことで、『芝とうふ屋うかい』に決まり行ってきました。場所は何処と言うより、東京タワーの真下に〝エッー何これ〟古きよき日本の風情が、そこに在りました。日常から非日常の世界へ誘われるかと思うほど、広い庭園はどこも風情ある小道でつながり、夜には行灯が幻想的な庭園をいっそうしき立て、都会の山里を想わせます。お部屋は数寄屋作りでお座席は個室で、全て庭園を眺められるように、配置されています。ゆったりとしたお部屋で、庭園を楽しむために、大きく開かれた窓が美しい。お料理はとうふ屋ですが、懐石のコース『雪』で予約、豆腐のアラカルトかとおもったら、作り立ての〝油揚げの田楽゛と名物の〝豆水とうふ〟のほかは、普通に懐石料理が出ました。揚げ物や肉も出ず、私にとっては大変美味しく、良いお料理でした。二人の挙式は椿山荘で、12月6日と決まりました。

|

« 枇杷 自宅果樹園 | トップページ | お花見 »